よくあるご相談無申告で悩んでいる方へ

無申告ほど危険な税務上のリスクはありません!
  • 警察への許可・届出はおこなっているが税金に関してはまったく手を付けていない
  • 利益がでていないから税金の問題は後送りになってしまっている
  • キャストから源泉所得税を徴収しているけど一度も納税した事がなく不安
  • 事業がうまくいってから税金の申告はしようと考えていた
  • そもそも、税金を納める気がなかったが不安
  • 名義人がいるので自分は問題ないと考えているが不安
  • 2年ごとに名義を変えれば大丈夫という都市伝説を信じていいのか不安
  • 税金の申告をするために税理士に相談しに行ったが、キャバクラと言うことで引き受けてもらえなかった
  • 既に税務調査が入ってしまっている

無申告ほど危険な税務上のリスクはありません!

1
国税局、税務署の調査能力からは逃げ切れません!

日本の国税局、税務署の調査能力はとても優秀です。「逃げ切れる」と考えるのは賢明ではありません。
そして、いつ税務調査が来るかはわかりません。すでに内観調査をされていて税務調査に入る準備をされているかもしれません。

今からでも遅くはありません。無申告で不安な生活を送るのであれば、まずは当事務所へ相談をすることをお勧めします。
これは決して脅かしでもなく、前向きなアドバイスです。

また、ウチは儲かっていないから、税務調査に入られても平気と高をくくっている方も要注意です。
税務署は内観調査を入念に行い、確固たる証拠を得るための下調べをしてから来ます。

赤字だと思って経営していても、税金には源泉所得税や消費税などの利益に対する課税以外のものもあります。
赤字だから税金がかからない訳ではありません

2
申告や納付をしないと厳しいペナルティが課せられます!

色々な種類がありますが、ポイントは税務調査で指摘をされる前に自主的に対応することでペナルティの金額を軽減できる点となります。

ペナルティの内容を見る
加算税
過少申告加算税 増加した税額×10%
※増加した税額が高額な場合には15%
期限内に一度申告をしたが、税額が不足している場合には、修正申告が必要です。
修正申告により増加した税額に対して、過少申告加算税が課税されます。
※税務調査を受ける前に自主的に修正申告すれば過少申告加算税はかかりません。
無申告加算税 納付税額×15%(50万円まで) 納付税額×20%(50万円超部分) 申告書を期限内に提出しなかった場合には、期限後でも申告書を提出する必要があります。
期限後申告により発生する税額に対して、無申告加算税が課税されます。
※税務調査を受ける前に自主的に期限後申告すれば5%又は10%に軽減されます。
※申告書を出さないでいると、税務署から税額の決定処分を受けることになり、この場合には、無申告加算税の軽減はありません。
※過去5年内に、無申告加算税(更正・決定予知後に課されたものに限る。)又は重加算税を課されたことがあるときは、10%加算【平成28年改正】
重加算税
※悪質な仮装・隠蔽により税金逃れした場合、上記に加えて課されます。
期限内申告の場合 増加した税額×35% 悪質な仮装・隠蔽行為により税金逃れをした場合、上記の加算税に代えて、重加算税が課税されます。
※過去5年内に、無申告加算税(更正・決定予知後に課されたものに限る。)又は重加算税を課されたことがあるときは、10%加算【平成28年改正】
期限後申告の場合 納付税額×40%
延滞税
※納期限までに税金を納付しなかった場合
未納税額×8.9%
×
未納であった日数/365日
納期限までに税金を納付しなかった場合には、上記の加算税のほか、延滞税が課税されます。
※特例基準割合+7.3%と年14.6%のいずれか低い割合。平成30年分は8.9%。
業界専門の税理士にお問い合わせください!
いざとなったら逃げてしまえば良いとお考えの方もいるかもしれませんが、生活基盤のすべてを捨てて逃げきることは簡単にできるものではありません。 ぜひキャバクラ専門税理士にお問い合わせ下さい。

私たちが選ばれる理由

1
キャバクラの税務調査を数多く経験!
当事務所は、キャバクラの税務調査を数多く経験しております。
キャバクラは一般的に不正発見割合の高い業種と目されておりますが、当事務所が対応した税務調査では追徴税額が0円で終了した調査がいくつもあります。
2
すでに調査が入っていても対応可能!
顧問税理士としてお付き合いいただいているお客様はもちろん、税務調査が入った段階でお問い合わせをいただき、税務調査の立会いを受任するケースもございます。
お客様が無申告を続けていたという場合でも、まずはご連絡をいただければご相談に応じさせていただいております。
3
どんなに話しづらい事でもお気軽に!
税理士と聞くと、「固そう」「とっつきづらそう」といったイメージがおありかもしれません。
当事務所では、税理士との付き合いがはじめての方でも相談できやすい雰囲気づくりに力を入れております。
お客様にご協力いただいたアンケート結果でも「なごやかな雰囲気で落ち着いた」、「肩の荷が半分くらいになったように感じた」といただいており、相談のしやすさには定評がございます。
また、打合せは完全個室にて行われ、税理士には厳重な守秘義務が課せられております。
どんなに話しづらいことも遠慮なくお聞かせいただければ幸いです。

お客様の声

  • 東京キャバクラ経営者様
     無申告で不安な日々を過ごしていましたが、思いきって松本税理士事務所さんに問い合わせたところ、しっかりとしたアドバイスやサポートをして頂けました。税務調査も無事終えることができ、不安な日々から脱出することができました。
お客様の声をもっと見る

ご契約までの流れ

1
電話相談・メール・LINEで依頼
電話かメール・LINEにてお申込み下さい。
お急ぎの方には電話でのお問い合わせをお勧めいたします。
2
ご面談
打ち合わせのため、直接お会いします。
オンライン面談システム「ベスト会議pro」によるweb面談にも対応しております
ご面談の際に、必要な資料をご用意ください。
  • 安心の定額明朗会計

まずはお問い合わせください!

電話若しくはフォーム、LINEからお問い合わせください。

オンライン面談システム「ベスト会議pro」によるweb面談にも対応しております
お支払いについて
  • 銀行振り込み

    以下の口座へお振込みください。

    三菱東京UFJ銀行 亀戸支店
    普通預金 口座番号0226751
    口座名義“ゼイリシホウジンマツモト”

    ※振込手数料はお客様のご負担になります。
  • クレジットカード

    スターペイメント株式会社のサービスを利用してクレジットカードで決済ができます。

    クレジット決済ページへ クレジット ※VISA、Master、JCBを使用いただけます。