よくあるご相談キャストの確定申告について

無申告ほど危険な税務上のリスクはありません!

姫タックス

  • キャストから税金に関する相談を受けている
  • キャストの取扱いで源泉徴収が必要か不要かわからない
  • キャストは雇用なのか?それとも委託なのか?
  • キャストへの支払は消費税が含まれていると考えていいのか?
  • キャストには税金がかからないと根拠なくアドバイスする人がいてキャストが困惑している
  • 無申告個人編

キャストの取り扱いは税務上でも重要です!

1
キャストの取り扱いは税務上でも重要です!

キャストへの報酬から雑費控除や厚生費の名目で控除しているケースが多いと思います。
なぜ控除しているか説明できますか?これは、税務上の雇用と委託の判定をする上で、とても重要なことです。
結論としては実体が伴っていることが重要となります。
キャバクラ界特有の取扱いがあり、その注意点を見極めることが重要です。
実体と同様に大切なのが形式であります。税務では形式に基づいた実体が重要です。

ご契約いただいた方には当事務所が作成しているキャバクラ用(この他の業種もあります)のキャストとのキャバクラ用(この他の業種もあります)のキャストとの業務委託契約書業務委託契約書を無料で差し上げております!

  • 業務委託契約書
2
クレジットカードの使用にはご注意を!
  • クレジットカードの使用にはご注意を!
3
ホントにあった!キャストの税金にまつわる事例
業界専門の税理士にお問い合わせください!
キャストの取り扱いは業界特有の部分も多く、非常に複雑です。キャバクラ専門税理士なら、豊富な業界の知識で様々な疑問、お悩みを解決できます。ぜひキャバクラ専門税理士にお問い合わせ下さい。

源泉所得税・雇用と委託について

1
源泉所得税の取り扱い
源泉徴収制度とは、給与や報酬を支払う際に所得税を差し引いて国に納付を行う制度のことです。
給与の場合には「源泉徴収税額表」により税額を計算し、報酬の場合にはそれぞれの計算式に当てはめて徴収と納付を行うようになります。

キャバクラにおいて代表的な計算式はキャバクラのキャストに対する報酬によるものです。
ホステスの源泉徴収税額の計算は報酬額について、1回の支払につき5千円にその報酬・料金の「計算期間の日数」を乗じて計算した金額を差し引いた残額に10.21%の税率を乗じて算出します。
この「計算期間の日数」とは、「営業日数」又は「出勤日数」ではなく、ホステス報酬の支払金額の計算の基礎となった期間の初日から末日までの全日数です。
2
雇用と委託について
雇用契約とは事業主と労働者間での契約であり、支払われるものは給与となります。
委託契約とは事業主と業者間での契約であり、支払われるものは報酬・料金となります。
労働法の観点からは、雇用であれば労働審判となり労働基準監督署からの監督・指導を受けることとなります
3
雇用と委託における消費税の違いについて
消費税の取り扱いについては、給与は不課税、委託は課税の取引となります。
例えば10,000円を給与で支払った場合には消費税は0円、委託として支払った場合には消費税が含まれて支払われていることになります。
すなわち、雇用となるか委託となるかで納めるべき消費税額に大きな差が発生します。
当然に税額に大きな影響を及ぼす項目ですのでその基準は厳格に定められております。

(1)他人が代替して業務を遂行すること又は役務を提供することが認められるかどうか。
(2)報酬の支払者から作業時間を指定されるなど時間的な拘束を受けるかどうか。
(3)作業の具体的な内容や方法について報酬の支払者から指揮監督を受けるかどうか。
(4)まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失するなどした場合において,自らの権利として既に遂行した業務又は提供した役務に係る報酬の支払を請求できるかどうか。
(5)材料又は用具等を報酬の支払者から供与されているかどうか。

お客様の声

  • 埼玉 キャストA.Y様(27歳)
    声を表示

    キャバクラに勤めてから税金のことはなにもしていませんでした。引越しの際、松本税理士事務所さんのサイトを見てずっと気にはなっていましたが、その後、妊娠・出産。
    出産後、児童手当を受けるために課税証明などを出さなくてはならないことがわかりました。

    キャバクラで働いていましたが、申告もしていなかったため、このままだと児童手当などを受けれないと思い松本税理士事務所さんに相談しました。
    2年ほどさかのぼって税金を計算することになり、とても大変でした。
    わからないことばかりでしたが、担当の方が質問にも電話ですぐ対応して下さり、無事に納税出来て児童手当も受けることができました。

    相談して本当によかったです。ありがとうございました。これからもお世話になりたいと思います。

  • 茨城 キャストM.N様(26歳)
    声を表示

    キャバクラでNo.1になって県外の方もお店に来てくれるようになったので、なんとなく税金のことが気になっていたんです。
    でもやり方も分からないし、どこに相談したらいいか…と困っていました。

    そんな時にたまたま松本税理士事務所を知って、女性が対応してくれるとのことだったので電話をしてみたところ、本当に電話の応対から相談まで全て女性の方が対応してくれました。
    私のお仕事のことをよく知っていて(←ここが私の中で1番のポイントです!笑)、税金のことを安心して全てお任せ出来るし、質問があればLINEや電話ですぐに相談に乗ってもらえるので、とても頼りにしています。

    税金のことで分からないことがある方、悩んでいる方は、一度松本税理士事務所へ電話してみてください。

  • 東京 キャストH.M様(24歳)
    声を表示

    実は、松本税理士事務所のサイトに出会うまで、税金の事とか申告の事とか全く知らないでやってきたんです。
    でもいろんなサイトを読んだらこれからマイナンバーも始まるし、すごく怖くなっちゃって。
    どうしようって悩んだんですけど、自分ひとりじゃ解決できないなと思って、電話してみたんです。

    そしたら、自分のおかれている状況がかなりヤバイことに気付いて、でも松本税理士事務所さんが全部やってくれるって言ってくれたんです。
    もちろんマイナンバーについてもしっかりと説明してくれました。

    私は都内に住んでいたので、松本税理士事務所さんのところに直接お会いしに行ったんですけれど、事務所もきれいで、スタッフさんもすごく親切に答えてくれて。
    一人では絶対にわからなかったことも全部教えてもらいました。帰るころには悩みなんてなくなっていました。
    ほんとに電話しておいてよかったと思いました。ありがとうございました。

  • 東京 キャストT.H様(32歳)
    声を表示

    お昼の仕事は年収300万円くらい、夜の仕事は副業で100万円くらいの収入でした。
    そんなに多くないし会社でちゃんと申告していたから問題ないと思っていたら、ある日突然税務調査官から電話がきて税務調査をすることになりました。あせって松本税理士事務所に電話しました。

    なんで私に入るの?と思っていたけど、担当の方のお話を聞くと、なんで税務調査が入ったかよくわかりました。
    その後、確定申告をお願いして、税金を払ってとすごく大変だったけど、お昼の仕事先にもばれずに済んだので頼んでよかったです。
    これからはちゃんと申告をしていきます。

お客様の声をもっと見る

ご契約までの流れ

1
電話相談・メール・LINEで依頼
電話かメール・LINEにてお申込み下さい。
お急ぎの方には電話でのお問い合わせをお勧めいたします。
2
ご面談
打ち合わせのため、直接お会いします。
オンライン面談システム「ベスト会議pro」によるweb面談にも対応しております
ご面談の際に、必要な資料をご用意ください。
  • 安心の定額明朗会計

まずはお問い合わせください!

電話若しくはフォーム、LINEからお問い合わせください。

オンライン面談システム「ベスト会議pro」によるweb面談にも対応しております